国際舞台を経験してこそ、
得られるものがある。企画部/高松百合

プロフィール

入社年度
2011年
卒業学部
外国語学部
学科
外国語学科
専攻
中国語
特技
どこでも寝られること
趣味
散歩、ご飯やお酒
学生時代は何を学ばれていましたか?
大学では中国語を専攻していました。中国語を選択した理由の一つは、高校で書道部に所属していて、漢字に親しみがあったから。もう一つの理由は、中国語を話している人口の多さです。初対面の人とのコミュニケーションをきっかけに、新しいことに出会って、そこから自分の興味が持てるものができるということを、大学に入るまでに何度か経験しました。中国語を学ぶことで、たくさんの人とコミュニケーションをとることができて、自分の幅をさらに広げられればいいなと思い、中国語を専攻しました。
JPRSを志望した動機を教えてください。
日本の土台を支える仕事に関わることができたらと思って就職活動をスタート。最初の頃は海運業などの物流業界にも興味を持っていました。しかし、就職活動中にJPRSと出会い、これからの私たちの生活に欠かせないインターネットの基盤を支える仕事があることを知り、興味を持ちました。この会社なら、より多くの日本で活動する人々の役に立てると感じました。また、選考が進んでいく中で先輩社員から直接話を聞き、仕事内容だけでなく、その人柄にも惹かれていきましたね。
現在の仕事内容を教えてください。
国ごとに割り当てられたトップレベルドメイン名であるccTLDに関する動向把握のために、インターネット関連の国際的な組織が行っている会議に参加します。各国の情報を収集しつつ、『.jp』に関してJPRSが行っている活動などを会議の場で発表しています。なので、年に10回ほどは海外出張をしています。また、そういった国際会議で得た情報を日本に持ち帰り、社内外に発信することも業務の一つ。それ以外にも、外部組織などからの問い合わせ窓口も行っています。こういった渉外業務に大切なのは、ネットワークを築くこと。各国の関係者や国内の関連組織の方々と良い関係を築いておくことで、何か問題あったときにも連携して、スムーズな対応ができるようにしています。
英語のスキルや技術に関する知識はどのようにして身につけられましたか?
英語のスキルに関して言うと、入社当初は受験英語レベル。入社してからも特別なことはしていません(笑)。ですが、国際会議での発表に備えて自分なりに準備をしたり、何度も上司と一緒に海外に行って仕事をしたりしているうちに、コミュニケーションには困らないくらいにはできるようになりました。技術に関する知識に関しては、入社後の研修により基本的な部分は身についたとは思いますが、まだまだ知らないことのほうが多いです。でも、全てにおいて詳細な知識を身につけておく必要はないと、私は思っています。大事なのは、渉外担当者として橋渡しができるように、社内の誰がその知識を持っているかを知っておくことです。
国際会議などに出席していて、何か感じることはありますか?
それは、日本という国が世界から高く評価されていること。各国の関係者の方々は、私たちJPRSの発言には関心を持っていて、注意深く話を聞いてくれていますし、意見を求められることも多い。彼らのそういう態度は、日本に対する信頼の表れです。その背景にあるのは、これまでの活動実績だと思います。『.jp』は、ccTLDの中でも長い歴史を持っていて、JPRSはJP DNSをこれまで無事故・無停止で運用してきたほか、ICANN等での作業部会への参加や活動なども行っています。この実績による信頼はJPRSの先輩社員たちが積み重ねてきたものなので、私はいつもそれを誇りに感じています。
仕事の中で、やりがいを感じるのはどういうところですか?
社内の他部署の方々で「各国のccTLDレジストリの動向は、高松に聞こう」と思ってくださる方がいて、そういう相談をされたときは、特にやりがいを感じます。実は、入社後の研修で社内の各部署を回ったとき、私が興味を持ったのは総務部。日本を支えるJPRSを会社の中から支えている部署だと思ったからです。でも、企画部でもそれと同じことができているので、今の仕事には満足しています。
これからの目標を教えてください。
国際会議に行くと、会議の場以外でも、各国の関係者の方々とお話をすることがあるのですが、彼らは各組織を代表する立場の方が多く、知的で、人柄も良く、さらにユーモアのある人ばかりです。そんな人たちと対等に話している上司を見ていると、まだまだ自分には足りない部分があると感じるので、知識やスキルを身につけるだけでなく、もっと人としても成長していきたいです。
所属部門の紹介

ある1日のスケジュール

7:00
-
起床
8:00
-
自宅出発
9:00
-
出社・メールチェック
9:30
-
ニュースチェックと各部署への情報展開
10:00
-
外部組織等からの問い合わせ対応
11:00
-
会議での発表資料作成
12:00
-
お昼休憩
13:00
-
役員定例資料作成
14:00
-
役員定例
15:00
-
ミーティング資料作成・事前準備
16:00
-
部内ミーティング
17:00
-
部内ミーティング議事録作成
メールチェック
18:00
-
退社
19:00
-
帰宅
0:00
-
就寝

社員インタビュー

ページトップ