自分の知識や経験で、
社会を支える。システム部/尾崎勝義

プロフィール

入社年度
2016年
卒業学部
情報環境学部
学科
情報環境学科
専攻
ネットワーク・コンピュータ工学コース
特技
卓球
趣味
プログラミング
どんな学生時代を過ごしていましたか?
大学の講義ではネットワーク技術やサーバー構築、プログラミングなどを学び、着々と知識を身につけました。そして、身につけた知識を生かして、アプリケーションを開発。自分で手を動かし、物を作る経験を大事にしていました。このように話すと、大学でとても勉強していたように聞こえるかもしれませんが、私自身そのような意識は全くありませんでした。高校生の頃から、友人と一緒にパソコン用のゲームやチャットツールを作って遊んでいましたし、ただ好きなことをやり続けてきただけ、というのが正直なところです。
JPRSに入社したいと思ったきっかけは何ですか?
大学生の頃、とある講義にて特別講師として招かれたのが、JPRSの社員の方でした。講義の内容はJPRSの事業であるDNSに関するものだったのですが、とても興味深いお話で、JPRSという会社に興味を持つきっかけになりました。大学で自分が学んでいることが、仕事と直結していて、現に社会の中で役立っているということを、その講義を通じて実感できたのが大きかったと思います。実は、そのとき特別講師をしてくださった方は、私がいる部署の先輩なのです。仕事を決めるきっかけをくれた人と今一緒に働いているというのは少し不思議な感じですね。
現在の仕事内容を教えてください。
JPRSの主な事業はJPドメイン名の登録管理とDNSの運用ですが、gTLD取次サービスやサーバー証明書発行サービスなど、さまざまな新しいサービスも始めています。その中で、私が担当している主な業務は、サーバー証明書発行サービスの運用・保守業務。不具合を検知した場合には、調査を行い、部内で説明して、改修方針の検討や設計をします。また、新しい機能を追加開発する際には、その後の運用・保守が複雑にならないよう、また、今後の開発が容易となるよう柔軟性のあるシステムを目指しています。
仕事の中で、やりがいを感じるのはどういうところですか?
それはやはり、背負っている責任の大きさです。JPRSが運用しているDNSでミスがあれば、一瞬にしてインターネットが使えなくなってしまうかもしれません。私が今担当しているサーバー証明書でミスがあれば、世界中のインターネットユーザーに影響が出て、会社の信用が失墜してしまいます。今後事業が継続できなくなる可能性もあります。一つの失敗の影響の大きさを考えると、怖さもあります。もちろん、ミスが起きないような仕組みが会社としてきちんと成り立っていますし、それだけの重責を担っているということに誇りを感じます。
業務以外の面で、JPRSに入社して良かったと思うことを教えてください。
一つは、尊敬できる人がたくさんいること。入社のきっかけをくれた先輩社員以外にも、技術的なことに造詣が深い人、業界動向に敏感で先々を見越して日々の業務を行っている人などに囲まれて仕事ができるのは、刺激的で楽しいです。もう一つは、福利厚生が充実していること。自己啓発にかかる費用を会社が補助してくれる制度があるので、それを利用して、情報セキュリティに関する資格取得のための勉強をしています。専門的な資格になると参考書も受験料も高いので、本当に助かります。今は英会話も勉強中。インターネット関連の国際会議に参加する機会もありますし、業界の最新情報を素早くキャッチアップできるように、スキルアップしたいと思っています。
これからの目標を教えてください。
JPRSの社内システムの中には、構築されてから長年運用され、複雑な状態になっているものがあります。まずは対象システムの実装を理解し、改修をしていきたいと思っています。そうすることで、不具合が発生した際の原因特定や、機能追加の作業を容易にできます。あとは、自分自身の成長に関することです。資格取得をして、日常の業務に生かしたいです。
就職活動をしている学生さんに伝えたいことはありますか?
情報技術系の学生さんであれば、JPRSをドメイン名の登録管理やDNSの運用・保守をしている会社だと認識している方が多いかもしれませんが、今はサーバー証明書の認証局もやっていることを知ってほしいです。保守業務と聞くと、どうしても地味な会社だというイメージをもたれてしまうかもしれません。しかし、新しいものづくりや新規事業の立ち上げの可能性もある会社なので、最先端の技術に関わりながら仕事をしていきたいと思っている人には、JPRSをお薦めしたいです。
所属部門の紹介

ある1日のスケジュール

8:00
-
起床
9:00
-
自宅出発
10:00
-
メールチェック
顧客対応部門の依頼確認
11:00
-
更新作業のマニュアル作成
12:00
-
お昼休憩
13:00
-
社内付議スケジュール検討
14:00
-
ベンダー問い合わせ
15:00
-
現行システム実装調査
16:00
-
サーバー証明書に関する問い合わせ対応
17:00
-
手作業効率化のための運用ツール作成
19:00
-
開発したアプリケーションのリリースフロー整備
20:00
-
退社
22:00
-
帰宅
0:00
-
就寝

社員インタビュー

ページトップ