社員の声 Voices

サービス開発部:K.Kさん

相談に乗ってくれる
先輩がいるから、
自信を持って仕事ができる。

JPRSを志望した理由を教えてください。

大学ではネットワーク技術に関わる分野の研究室に所属しており、特にDNSに関する研究をしていました。JPRSがイベントで発表した資料を見ることもありましたし、教授の紹介でJPRSの方に研究内容に関する相談のメールをすることもあったので、元々JPRSには興味を持っていました。就職活動中には、他にも情報通信やSIerの大手企業を検討。大手企業なら、入社後にも進む道が多そうな気がしていたのと、たくさんの人の目に触れるサービスに関わるのは単純に面白そうだと思ったからです。しかし、さまざまな企業を比較検討していく中で、やはり大学で勉強してきたことに一番近い事業を行っているJPRSが、自分の力を発揮できる場所だと思うようになりました。また、JP DNSの運用という社会的に重要な責務を担っているJPRSなら、やりがいのある業務に携われるというのも大きな魅力でした。

仕事の中で達成感ややりがいを感じる瞬間はありますか?

以前は、システム部に所属していたのですが、サービス開発部に異動して、仕事への向き合い方が少し変わりました。システム部では、ひとつのことを突き詰めるような感じでしたが、サービス開発部では、案件チームを引っ張るリーダーとして、視野を広く、全体を見ながら仕事をしています。だから、自分が案件を担当したサービスが無事にリリースできたときは、一番達成感があります。案件を進めていく上で、話が具体的になっていくと意見が出やすくなるのですが、解決すべき課題が増えたり、意見がまとまらなかったりと、思うように進まなくなることがあります。でも、期限は決まっている。そういったケースも想定して事前に代替案を用意しておき、期限に間に合うようにすばやく柔軟に対応できるようにしています。いろいろな案件を経験しながら、この仕事に大切なことや面白さがわかるようになってきました。

JPRSはどんな会社だと思いますか?

話をしっかりと聞いてくれる人が多いと思います。案件チームのミーティングで、私の役目は調整役。各部署から出ている意見を聞いた上で、どう進めるべきかを考えるのですが、相容れない意見が出ることもあります。そんなときには、全員が納得できるような案を考えるのですが、社歴に関係なく、きちんと自分なりに考えて話をすれば、真摯に耳を傾けてくれて、受け入れてくれます。部内のミーティングでは、自分が担当している案件について相談できる機会があるので、自分の考えを伝えると、先輩からいろいろなコメントがもらえます。私が想定できていなかったメリット・デメリットや、別の視点からの意見などもあり、自分の考えを後押ししてもらえたときには、自信を持って案件を進めていけます。

サービス開発部:K.Kさん

サービス開発部:K.Kさん

入社年度
2018年
卒業学部
工学部
学科
情報工学専攻

就職活動をしている方へのメッセージをお願いします。

入社する前、私はJPRSになんとなく堅そうなイメージを持っていて、入社してみると確かに堅実な人が多い会社です。システム部は特にミスがあってはいけない業務なので慎重ですし、サービス開発部でも、リリースが1年以上先のサービスだったとしても、コツコツと一つひとつを積み上げるように仕事をしています。なので、そういうタイプの人には合う会社だと思います。その一方で、イメージと違っていたのが、JPRSが新しいことにチャレンジしているということ。私は今、各部署から若手社員が集まってできた新領域研究ワーキンググループに所属しています。既存事業にとらわれず、新しい事業の種を探すことも目標に、世の中の新しいサービス・技術動向について幅広く情報を集めて、調査研究をしているので、そういう一面もあるということを知ってほしいなと思います。

私の働き方

サービス開発部 K.Kさん

案件チームや部内のミーティングがあるときは出社し、ミーティングがない日には在宅勤務制度という風に使い分けられるのがうれしいです。私は、自宅のほうが集中できるので、在宅の日はひたすら調査に没頭しています。

在宅勤務制度
在宅勤務制度
サービス開発部 K.Kさん

友だちとごはんを食べに行く約束をしている日は、早く出社して、早く退社。誰かとスケジュールを合わせるために、フレックスタイムはとても便利です。たまに一人で映画を観に行くこともあるのですが、早い時間だと空いているというメリットもあります。

フレックスタイム制度
フレックスタイム制度

ある1週間のスケジュール

調査・分析

より良いサービスの提供を目指すため、社内外から要望を聞くほか、現状のサービスを調査・分析。改善すべき課題を明らかにしていきます。

サービス仕様案の検討

新サービスやサービス改定のサービス仕様案を検討し、作成します。このとき、多角的な視点を持つことを意識しています。

部内ミーティング

自分の担当している案件の進捗などを報告。相談事項があれば適宜共有し、コメントをもらうことができるので、助かっています。

案件チームミーティング

各部署から選出された担当者が、それぞれの意見を出し合います。全員が納得できるまで、議論を重ねるようにしています。

ワーキンググループ

AIや画像処理、スマホアプリ、IoTなど会社の事業領域の枠にとらわれずに、さまざまな分野のIT技術について調査。実際に実験や試作することもあります。

自宅でゆったり

同期とオンラインでゲームをしたり、1人で映画を見たりして、ゆっくり過ごします。好きな映画は、スカッとするようなアクションもの。