社員の声 Voices

広報宣伝室:C.Wさん

「インターネットが
常につながる」
その当たり前をつくりたい。

JPRSを志望した理由を教えてください。

就職活動をするにあたり、私は特に惹かれている業界がなかったので、文系という理由でマスコミや出版の会社の採用試験を受けていました。デジタル出版に関わる企業に内定をいただいたものの、自分が本当にやりたいことなのかとモヤモヤしていたころ、東日本大震災が発生。家族と電話がつながらず、不安になっている中、メールで家族と連絡が取れたときに、インターネットが常につながっていることの有難さを強く実感しました。それからインターネットのインフラに興味を持ち、JPRSの会社説明会に参加。文系出身の先輩社員が生き生きと話している姿を見て、素直に憧れましたし、会社の雰囲気も自分に合う気がしました。文系の私でも、ドメイン名登録者のサポートや国際会議への参加など、この会社ならインターネットを支える活動のどこかで自分の力を発揮できるのではないかと考えて、入社を志望しました。

仕事の中で達成感ややりがいを感じる瞬間はありますか?

現在は広報宣伝室で、「.jp」のレジストリとしての活動をまとめたレポートの発行やマンガ小冊子を全国の教育機関に配布するなど、JPRSの事業に関わる情報発信や広告物の企画を行っています。以前は、ドメイン名登録やサーバー証明書などJPRSのサービスを直販している部署で、Webサイトの企画や制作をしていました。Webブラウザーでの警告表示に関して、私が書いた解説記事がSNSなどで話題となり、記事のページビュー数がWebサイト全体を超えたときはうれしかったです。書いている内容自体は、JPRS社内では知っている人も多い情報でしたが、実はそこにも価値があって、困っている人の役に立てたことを実感できました。広報宣伝室に来てからは、ドメイン名やSSLサーバー証明書業界に限らず、世の中で話題になっていることを広くSNSでチェック。JPRSの新聞広告を熱心に読んでくれている中学生・高校生がいたり、「知らなかった」「勉強になった」といった反応を目にしたりすると、やりがいを感じます。また、広報宣伝室のメンバーと新しい企画や他社の広告について意見を交わすことがあるのですが、それぞれの発想や物事の捉え方に違いがあって、そんなところにもこの仕事の面白さを感じています。

JPRSはどんな会社だと思いますか?

実直な会社だと思います。ドメイン名やDNSに関する技術的な問題が発生した場合には、広報宣伝室がその情報や対処法を対外的に発表するのですが、世界で唯一「.jp」を管理するレジストリとして、「内容に誤りがないか」「誤解を与えないか」など、信頼を失わないように多くの人が何度もチェックしています。他にも、イベント参加者にノベルティを配布する際には、先着順や参加回によって別のものを渡すのではなく、参加者全員が同じサービスを受けられるような方法を選ぶ傾向があります。事業の中の小さな事柄にも、公平であること、平等であることを大切にしているように感じます。また、その年のイベントの準備をしている最中に、翌年のイベントについての話題が当然のように出るのですが、ずっと続けていくためにどうすれば良いかを考えているからだと思います。

広報宣伝室:C.Wさん

広報宣伝室:C.Wさん

入社年度
2012年
卒業学部
文学部
学科
人文社会学科

就職活動をしている方へのメッセージをお願いします。

面接で緊張してしまって、自分が思うように話せないこともあると思いますが、無理に取り繕おうとせずに正直に話すことをおすすめします。私は口下手で自分のことを話すが苦手でしたが、それを克服しようと大学ではアナウンスサークルに入ったこともあります。そのことをJPRSの面接では、正直に話しました。面接官には「サークルに入ってみて、その結果はどうでしたか?」と聞かれ、「ご覧の通りです」と答えました(笑)面接は自分のことを知ってもらえるチャンスなので、飾らずに素直に自分の言葉で話してほしいです。

私の働き方

広報宣伝室 C.Wさん

毎月の給与から一定額が天引きされて、その金額に対して会社が上乗せしてくれた金額分の株式を保有することができるので活用しています。「株を持つ」ということを通して、経済社会の仕組みを勉強するきっかけにもなりますし、会社の経営に参画している意識も芽生えました。

持株会
持株会
広報宣伝室 C.Wさん

ものづくりを楽しむサークルに参加しています。みんなでシルクスクリーンの機材を購入して、オリジナルTシャツづくりを体験したことがあります。私は参加できなかったのですが、3Dプリンターを組み立てるという回もありました。終業後の楽しみとして、和気あいあいと活動しています。

社内サークル活動
広報宣伝室 C.Wさん

私はとにかく研修好きで、これまで部署を異動する度に、新たな業務に関わるセミナーに参加してきました。企画営業の担当になったときは、目標管理や売上管理の基礎を学ぶために参考書を購入。お客様のところに初めて一人で行く後輩に教えるためにセールストークを学び直したこともあります。苦手なことやわからないことがあっても、勉強をすれば、だいたいのことはできるようになると信じています!

自己啓発関連制度
自己啓発関連制度

ある1週間のスケジュール

全体会議

月1回、社員一同が集まる全体会議があります。ドメイン名に関わる最新情報や役立つ情報などを提供できるよう、会議運営を務めています。

定例ミーティング

同じ部署のメンバーと、広報や広告クリエイティブなどについて会議。今までにない面白い切り口でアプローチする方法はないかと頭を捻ります。

問い合わせ対応

プレスリリース(記者向けの情報発信)などへのお問い合わせに対応。「.jp」のレジストリとして、誤解のない正しい回答をすることを心がけています。

データ分析

Webサイトのアクセス解析や誘導数など、数字とにらめっこして、成果を確認。広報戦略の仕掛け通りに、数字が変化していると楽しいです。

新たな企画の立案

過去の経緯を踏まえた上で、どういう未来をつくりたいかを考えて、企画を練ります。検討ばかりに時間を取られないように実行することも大切にしています。

家族との週末

妻に怒られないように率先して家事をします。仕事よりも率先して積極的に取り組んでいるかもしれません(笑)