信念を持って、
自らの道を進む。技術本部 本部長/三田村健史

プロフィール

入社年度
2005年(キャリア採用)
修了課程
ビジネス科学研究科
専攻
企業科学
特技
似顔絵を描くこと
趣味
トレーニング、料理
JPRSに転職を決めた経緯を教えてください。
JPRSに入る前は、情報通信関係の会社で働いていました。大手企業だったこともあり、社内外の多くの人たちと関わりながら仕事ができたことは貴重な経験です。ですが、自分がしている仕事は、競合企業など他社でも誰かがしている仕事と同じではないだろうか。そんな疑問を感じ、転職を考え始めた先で出会ったのが、JPRSでした。ここは、まさに他ではできない、ここでしかできない仕事ができる会社でした。しかも、小さな会社なのに、日本のインターネットの屋台骨を支えている。そのギャップにも惹かれ、一度きりの人生なら、今ここでしかできないことをしてみたいと転職を決意しました。
前職での経験が活かせていると思うことはありますか?
JPRSは大企業ではないため、対応しなければならない業務範囲が広く、現場との距離感も近くなります。故に、マネジメントをする立場としては、現場の業務内容や状況を肌感として知っていることが重要になります。幸い私は、前職で多様な現場作業を経験してきたので、その経験が活かせていると思います。また他にも、研究部門での標準化活動や新サービスの研究、サービス企画部門でのマーケティングや販促企画なども経験したので、それらも活かせています。組織の中で、どの部署がどういう状況で仕事をしているかを幅広く自分の肌感として知る機会を得てきたことは、今の仕事に大きく役立っていると思います。
JPRSで働くことの魅力を教えてください。
一つは、やはりここでしかできない仕事ができること。もしも『.jp』のシステムに不具合があれば、日本における重要機関のメールなどが止まってしまいます。そんな責任の大きな役目を担っているのが、このJPRSであるということに誇りを感じています。もう一つは、やりたいことをやらせてもらえること。私が入社したときは、設立5年目くらいで、まだまだ企業としての仕組みが十分に整えられていませんでした。なので、新しい技術の導入や運用体制の構築などの提案を行い、今に繋がる企業基盤の礎を築くことができました。今も昔も、魅力的な提案をすれば、実現に向けて積極的にサポートしてくれる。それは、この会社の魅力の一つだと思います。
ご自身のマネジメントポリシーを教えてください。
私は今、技術企画・研究・システムと大きく分けて3つの部門のマネジメントをしているのですが、それぞれでマネジメント方法を変えています。技術企画部門では、今の安全性・信頼性を維持しながら変化していくために、あまり現場感を意識させないようにしています。できるかできないかは一旦置いておいて、新しいものに触れ、あるべき姿の実現に向けて、それらをどのように取り込んでいくかを自由に検討させます。研究部門では、各研究員の研究テーマについて、具体的な指示や進捗管理などは行いません。自分で何がしたいかを考え、研究課題を設定し解決していく過程すべてを自分のやり方でやってもらいます。システム部門では、研究部門とは異なり、実際の開発や運用業務を進めながら発生する課題をみんなで解決していきます。私の仕事は、方針のレビューや進捗やコストの管理など。無理難題と感じるだろうことも言わざるを得ない場合があります。正直これは現場のエンジニアからは嫌われることもありますが、自分の役割の1つだと言い聞かせながら取り組んでいます。
エンジニアをマネジメントするにあたり、気をつけていることはありますか?
当社のエンジニアには、専門分野をとことん究めていくスペシャリスト志向であって欲しいと思っています。JPRSにおいて、システムをより安全に運用し、社会を支えていくためには、高い技術的な専門性が必要不可欠です。一方で、ジェネラリストとして、専門性は高くはないかもしれないが、技術を超えて幅広く俯瞰的に物事を捉えることができる人も組織に必要だと考えています。私自身も会社のサポートを受け、経営学の博士号を取得しましたが、そのことで視野を広げることができました。JPRSには、スペシャリストとジェネラリスト、どちらにも成長できる環境があります。私は、その人がどちらの道に進みたいのか、定期的に面談などをしながら、各人のキャリア形成をサポートするように心がけています。
これからの目標を教えてください。
今の私の役割は、舞台で言うプロデューサーだと思っています。JPRSという劇団で働く人材を、どうすれば業務を遂行する演者として輝いてもらうことができるのかを考え行動することが仕事。なので、その人の資質や志向も見極めつつ、いろいろな場の提供をしてあげたい。たとえば、国際会議に参画してもらったり、本の執筆をしてもらったり、講演をしてもらったり、さまざまなことにチャレンジしてもらっています。それをきっかけに、一人ひとりが何かを掴み、自分の居場所を見つけ、社会や未来のインターネットのために信念を持って活躍してくれるような人を輩出することが、私のマネジメントにおける目標です。
就職活動中のエンジニア志望者に伝えたいことはありますか?
インターネット業界には、社会生活に直結し身近で新しく楽しそうなサービスを開発している会社がたくさんあります。しかし、それらのサービスの根幹の仕組みを支えているのが、JPRSです。私たちが行っているのは、インターネットを動かす仕組みの要となる仕事。身近なサービスを上手に使いこなすだけではなく、それを実現している技術の本質を理解した上で仕組みを運用し、さらには新たな技術を生み出し、進化させていく立場として、一緒にインターネットを発展させていきましょう。
所属部門の紹介

ある1日のスケジュール

6:00
-
起床
8:45
-
自宅出発
9:30
-
出社・当日のスケジュール確認
メールチェック
10:30
-
技術検討会議
13:30
-
メールチェックしながら昼食
14:00
-
会議資料作成や資料レビュー
15:30
-
経営会議
17:00
-
部内定例ワークセッション
18:00
-
各部署からの相談事項対応
19:00
-
退社
20:00
-
ジム
22:00
-
帰宅
22:30
-
メールチェック
0:30
-
最新技術の勉強・情報収集
2:00
-
就寝

社員インタビュー

ページトップ