社員の声 Voices

総務部:M.Fさん

規模が小さいからこそ、
自分の手で
居場所をつくれる。

JPRSを志望した理由を教えてください。

JPRSには中途採用で入社。前職ではシステム開発に関わっていて、仕様書の作成やプログラミングを行っていました。私は、会社全体の方針や自分の業務がその中でどういう位置づけなのか、どのくらい貢献できているのかを知った上で、日々の業務を進めていきたかったのですが、規模が大きな会社だったため、全体を把握するための情報を得られずに苦心していました。その点、社員数がそれほど多くないJPRSであれば、経営層との距離も近く、自分の役割をしっかりと認識した上で働けるのではないか考え、入社を決意。採用試験の際には、時間切れで作文を書ききれなかったのですが、面接でその理由を聞いてくれたのが印象的でした。単一の成果だけでなく、プロセスや考え方から適性を見ていてくれていると感じ、この会社なら長く働けそうだと思いました。

仕事の中で達成感ややりがいを感じる瞬間はありますか?

総務部には総務・管財・法務という3つのグループがあるのですが、私は部長補佐および総務グループ、管財グループのグループリーダーとして、部内全体の業務管理や各メンバーの進捗管理、サポートなどを行っています。個々の業務に取り組むのではなく、一歩引いて、全体を見ながら物事を進めていく仕事なので、自分の希望に近いことができていて、やりがいも感じています。自分が担当する分野について積極的に調べて、どんどん知識を身につけて、専門性を高めていける優秀なメンバーが部内には揃っています。彼らの得意分野を考慮して采配したり、苦手なところをサポートしたりすることで、よりクオリティを高く、よりスムーズに業務を遂行できるようにするのが、私の役割。一人でやるよりも、ずっと幅広く、たくさんの課題を解決できるところに、マネジメントの面白さを感じています。

JPRSはどんな会社だと思いますか?

一言で言うと、配慮が細かい所まで行き届いている会社。たとえば、資料ひとつをとっても、情報不足はもちろん、改行位置やフォントが違う箇所があるなど、社内資料であっても細かいところまで指摘が入ります。他にも、情報セキュリティの内部監査員研修を受けた際には、「多くの企業で研修をしてきたけれど、初めての監査ロールプレイングでここまでできるのは珍しい」と、受講者全員に対して、講師からコメントをいただいたことがあります。日常的に社内で監査レベルのことをしているから、他社と比べて、一段高いところで仕事ができているのだと実感。そして、この細かい配慮がJPRSのサービスに対する信頼性につながっているのだと思いました。

総務部:M.Fさん

総務部:M.Fさん

入社年度
2010年
卒業学部
文理学部
学科
心理学科

就職活動をしている方へのメッセージをお願いします。

どんな仕事に就くかに迷うことがあったら、「やりたいこと」だけではなく、「やりたくないこと」という視点で見てみるのも良いかなと思います。仕事には、面白いことや楽しいこともありますが、辛いことや大変なこともあります。何を辛いと思うかは人それぞれで、自分にとってそういうものが何かを知っておく。そうすれば、居心地の良い会社と出会えるかもしれません。また、大企業だと入社してから、自分に合う職場に変えていくのは難しいですが、JPRSのような会社であれば、業務や会社の仕組みを自分の手でつくり変えていける余白があるということも知っておいてほしいです。

私の働き方

総務部 M.Fさん

子どもがまだ小さいので、育児・介護短時間勤務制度を利用し、仕事と育児を両立しています。会社に理解があって、きちんと定時で帰ることができています。会議の途中に上司が私の退勤時間に気づいてくれて、退勤を促してくれたこともありました。

育児・介護短時間勤務制度
育児・介護短時間勤務制度
総務部 M.Fさん

私の所属する総務部は、備品の管理など社内にいないとできない業務も多いのですが、業務に支障がないときには週に1日くらい在宅勤務をしています。私がいなくても仕事が前に進むようにするのが、私の考えるマネジメントであり、それに応えてくれる優秀なメンバーがいるからできているのかなと感じています。

在宅勤務制度
在宅勤務制度

ある1週間のスケジュール

グループの定例ミーティング

メンバーのそれぞれの業務について進捗状況を確認し、社内外から新たな要望があれば、担当者をアサイン。既にある課題とまとめて方針を決めることで、会社としての到達点を見据えつつ、現段階でどこまで対応するかを考えています。

資料確認

各担当者が作成した資料を確認し、改善点などをコメント。その後、修正した資料を本部長に確認してもらい、翌日の担当取締役とのミーティングに臨みます。メンバーや担当案件によっては、担当取締役への説明の練習も行っています。

担当取締役とのミーティング

総務部が進めている業務について、担当取締役に報告や相談をします。説明自体は案件担当者が行いますが、適宜フォローをいれるのが私の役割。役員からコメントがあった点については、ミーティング終了後に担当者と改善案を出し合います。

部内の定例ミーティング

大阪オフィスも含めた総務部全体でミーティング。部全体の課題や施設管理などの年間スケジュールを確認します。グループ内では「これでいける!」と思った案にも、大阪オフィスや法務の視点からのコメントがもらえて、勉強になります。

他部署との調整

金曜日の朝一に、部長以上の重役が出席する会議があります。そこでの共有事項として、部内で対応が必要なもの、さらに調整が必要なものを整理して部内に展開。関連する業務や気にしなければいけないことが多く、調整力が問われます。

子どもとべったり

24時間子どもと1対1なので、もはや週末が1週間の中でのクライマックス(笑)子どもが成長してきたこともあり、お菓子づくりやハープなど、時々自分の趣味に子どもを巻き込んでいます。