世界を1秒も止めない。

私たちが普段何気なく使っているURLやメールアドレスには、インターネット上の住所と言われるドメイン名が使われています。この住所が、メールの送り先やWebサイトのある場所を世界共通で認識し、アクセスすることを可能にしています。そして、その中でもTLDには、国や地域を表すccTLDと、利用目的のジャンルなどを表すgTLDがあり、『.jp』は日本を表すccTLDなのです。

この『.jp』を含むドメイン名には日本のみならず、世界中から24時間365日常にアクセスされます。そのため、もしJPRSが管理しているシステムにトラブルや不備があれば、その瞬間に世界は止まってしまいます。JPRSには世界に1つの仕事の責任と、他にはないやりがいがあります。

JPRSが創る、今と未来。

社会の基盤になる

JPRSの主な事業の1つが、「.jp」を使ったドメイン名の登録と管理です。現在「○○○○○.jp」という形式のドメイン名は150万件以上存在しており、これらの登録管理を一手に引き受けています。また、ドメイン名を使ってインターネット上でやりとりを行うために必要なDNSと呼ばれる仕組みがあります。その中で「.jp」を担当するJP DNSを世界26拠点で日々管理運用しているのも私たちJPRSです。インターネットが不可欠になった今、毎日数え切れないほどの人が「.jp」を使用。見えないところでインターネットを支えるという、社会的に重要な責務を担っています。

今日より、快適で安心な明日を

私たちの事業は、インターネットの今を支えるだけではありません。より安全で信頼性の高いものにするため、DNSのセキュリティに関する新しい技術を研究。そして、今後さらに進化すると予想されるアプリケーションやビッグデータ処理への対応など、未来に必要となるインターネットの基盤構築のための研究開発を行っています。また、インターネットは世界中に開かれたネットワークシステムであるため、国際会議に参加し、情報の発信や交換を行うなど、国際的な運用や連携も不可欠です。ユーザーが快適に安心してインターネットが使える未来を創るために私たちは活動しています。

会社概要

商号
株式会社日本レジストリサービス
略称
JPRS (Japan Registry Services)
URL
https://jprs.co.jp
設立
2000年12月26日
所在地
【東京本社】
〒101-0065 東京都千代田区西神田3-8-1 千代田ファーストビル東館13F
【大阪オフィス】
〒530-0003 大阪府大阪市北区堂島1-6-20 堂島アバンザ10F
資本金
3億4,414万円
代表取締役社長
東田 幸樹
社員数
90名 (2018年4月1日現在)
主要株主
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社/株式会社インターネットイニシアティブ/株式会社ASJ/株式会社SRA/エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社/KDDI株式会社/さくらインターネット株式会社/GMOインターネット株式会社/ソニー株式会社/第一生命保険株式会社/TIS株式会社/一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター/東日本電信電話株式会社/株式会社日立製作所/ファーストサーバ株式会社/三菱電機インフォメーションネットワーク株式会社/日本レジストリサービス持株会・役員
主要取引銀行
三菱UFJ銀行/みずほ銀行/三井住友銀行
年間売上
(過去3期分)
2015年12月期 3,624百万円
2016年12月期 3,757百万円
2017年12月期 3,960百万円

オフィス

もっとJPRSを知っていただくため、『.jp』の管理を任された世界にただ1つの組織の内部を少しだけ公開します。
この場所で働く自分の姿をイメージしてみてください。

ページトップ