profile

入社時期:2016年入社(新卒)

専攻:情報環境学部ネットワークコンピューター工学コース

研究内容:スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末で動作する行動支援系のアプリケーションの研究です。適切な行動を支援するためには、位置情報や移動情報といったユーザーの状況をアプリケーション側が把握する必要があるため、その手法をメインに学んでいました。

好きなプログラミング言語:Python

熱中していたことはありますか?

大学時代はネットワークコンピューター工学コースで、ネットワークの仕組みやプログラミングを学んでいました。卒業論文ではスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスのアプリケーションを研究。私は高校の時から趣味でプログラミングをしていたこともあり、大学でも授業以外に自分で作ったプログラミングをWeb上にアップロードしてみたり、ネットワークを構築したり、とプログラミングにどっぷり浸かっていました。

プログラミングの魅力を教えてください。

自分が考えていることを「動くもの」として作ることができる点がとても面白いです。プログラミング言語の中に「Python」という言語があるのですが、簡単に使えて機能も充実しているので、好きな言語ですね。大学時代の研究でも頻繁に利用していました。

入社を決めた理由を教えてください。

大学の講義にJPRSの社員の方が特別講師として来てくれたことがありました。もともとDNSには興味があったこともあり、その社員の方の話を聞くうちに、仕事内容に惹かれていきました。その後、JPRSについて詳しく調べていく中で、「JP DNS」を世界で唯一管理している会社だということに魅力を感じました。どの会社でもできることでは面白くないですからね。

現在の仕事を教えてください。

サーバー証明書を発行するシステムの運用と保守を担当しています。サーバー証明書の役割は、「①通信を暗号化」し、「②接続先のWebサイトが本物で、情報が改ざんされていないことを証明する」ことです。サーバー証明書を発行するシステムに問題が発生しないように運用しながら、改善活動も行っています。また、一般のユーザー向けに会社が主催しているセミナーの運営も担当。他にも、技術研究チームにも加わり、外部のカンファレンスで得た新しい情報を社内に共有しています。

印象に残っている仕事は?

2016年10月に担当したセミナーでの発表です。システム部に配属されてすぐに依頼があり、発表の準備を始めたのですが、発表の内容が最新の技術動向に関連するものだったため、私にはその技術に関する知識がほとんどありませんでした。よって、1から技術について勉強し、わからないことは先輩にアドバイスをもらいながら準備を進めていきました。私は人前で話すことが得意ではなかったので、参加者の方々に情報を正確に伝えることを意識して練習を何度も繰り返しました。それでも当日は緊張しましたが、無事に発表することができ、技術について勉強になったのはもちろんのこと、どうすればわかりやすく伝えられるかを自分で考えられたことは、とても良い経験でした。

自分の成長を感じるときを教えてください。

日頃の業務に関係する知識を理解し、行動できていると実感する時です。現在の仕事を通して、運用や保守の知識や技術の理解度が上がれば、先輩から仕事の依頼があった時に、その内容や自分に求められていることなどを考え、業務に対応することができます。

JPRSの好きなところは?

カンファレンスなどに参加し、最新の技術に触れる機会が多いところです。また、「.jp」は日本を表すドメイン名であり、ここでしかできない仕事に携われることがJPRSの魅力だと思っています。さらに、今までDNSを無事故で24時間×365日運用し続けている技術力の高さは、私たちの誇りですね。

今後の目標を教えてください。

まずはJPRSで運用しているシステム全般に関する知識を身に付けることです。システムの構造や仕様などを理解できるよう、日々の業務を通して勉強していきたいです。さらに、将来的には自分自身で新しい技術を開発し、カンファレンスで発表できる立場になりたいと考えています。

recommend

JPRSロゴ入り
マグカップ

入社する時に全社員がもらえるマグカップです。朝の仕事前や休憩中に、このマグカップでコーヒーを飲んでリフレッシュしています。