profile

入社時期:2015年入社(中途)

前職:半導体関連企業の社内SE

前職の仕事内容:新人の頃はヘルプデスク業務を担当。その後、社内のITインフラの管理を担当することに。

好きなプログラミング言語:Perl

学生時代について教えてください。

もともと高校時代からパソコンが好きで、よくインターネットやゲームをしていました。進学を考え始めた時期はIT業界全体がとても活況だったこともあり、将来の就職に役立つのではと思い、IT系の専門学校に進みました。専門学校ではエンジニアを目指すための授業が多い中、インターネットの仕組みやドメイン名に関することも勉強し、その際にJPRSのことを知りました。

前職ではどのようなことをしていたのですか?

専門学校を卒業後、半導体の研究開発を行う企業に就職。社内SEとしてユーザーのPCやサーバー管理を担当しました。入社当初は、ユーザーの問い合わせ対応などのヘルプデスクが主な業務だったため、サーバーに触れる機会は多くありませんでしたが、その後の異動がきっかけで社内インフラの管理を担当するようになり、専門学校では学べなかった技術や知識を実務を通して習得することができました。

入社を決めた理由を教えてください。

社内だけで完結するのではなく、もっと世の中に影響を与えられる規模や内容の仕事がしたいという思いが強くなったことが転職のきっかけです。その点、JPRSは「JP DNS」というインターネットにとって欠かすことのできない重要なシステムを運用する会社だということに魅力を感じました。当時の私は社内のシステムしか担当したことがなかったので不安も感じていましたが、面接で社員の方が親身になって話を聞いてくださったり、入社後も気軽に質問や相談に応じてくれたり、と周囲のフォローもあり、徐々に不安はなくなっていきました。

現在の仕事を教えてください。

入社してからは、JPRSの社員が日々扱う社内システムの管理を担当しています。システムにトラブルが発生した場合はその原因を調べて対応したり、社員からシステム強化や機能追加の要望があれば、詳しくヒアリングして対応したり。ユーザーである社員が本当に必要としていることは何なのかを、コミュニケーションを重ねながら整理し、提案していく仕事です。さらに、他社の技術者や一般ユーザー向けのセミナー講師を担当し、DNSに関する技術を資料にまとめて発表する業務にも携わっています。セミナー講師の仕事は、技術を正しく理解しておく必要があるため、若手にとっては成長を確認できるいい機会だと感じています。

印象に残っている仕事は?

社内から「ホームページのセキュリティを強化して公開したい」という要望を受け、それに対応したことです。今までの業務では、オペレーションを担当することが多く、進行を自ら考えてメンバーに依頼するようなマネジメント系の業務を経験したことがありませんでした。そこで痛感したことは、システムの仕組みを理解しないまま進めると、周囲のメンバーに大きな迷惑を掛けてしまうということ。メンバーから「ここはどうするの?」と指摘されることも多く、しっかりと全体の流れや仕組みを事前に理解し、慎重に検討しておくことの重要性を感じました。それからは自分から積極的にJPRSのシステム構造を勉強し、時には先輩社員に聞いたりして、着実に進められるようになりました。その結果、「ここはこうなっているから、こうしましょう」というようにロジックを立てて考えることができるようになり、疑問点も一つひとつ解消されて無事にリリースできました。とても達成感がありましたね。この仕事を通して、主体的に状況を判断しながら、チームを動かすことを経験できたため、マネジメントの面でも自分の成長を感じました。

JPRSの技術力の高さを感じるところは?

JPRSが提供しているサービスは24時間×365日動かし続けなければいけません。インターネットは世界中に開かれたネットワークであるため、当社のシステムが止まってしまった場合、「.jp」を使用するサイトが使えなくなるといった大きな混乱を起こしてしまうほどの影響力を持っています。それを管理しているという使命感はもちろんですが、同時に技術力の高さも日々実感しています。

JPRSの好きなところは?

社内の人たちがとても協力的です。お互いに困っている時や忙しい時に、相談に乗ったりアドバイスをすることが当たり前の雰囲気があります。私も仕事で悩むことはありますが、周りの社員がサポートしてくれるおかげで乗り越えてこれました。本当に働きやすく、好きな会社です。また、業務の幅が広く、たとえば現場で技術的な作業を行う仕事から、メンバーを動かし進行するマネジメント業務まで経験することが可能です。今後のキャリアの選択肢も大きく広がります。

今後の目標を教えてください。

現在関わっているプロジェクトで、ディザスタリカバリ(災害復旧)に際して既存のシステムの追加拠点の構築を担当しており、完成させて無事にリリースすることが一番の目標です。そのためにも、私にはまだまだ技術的な知識や経験が足りないので、意欲的に経験を積んで学んでいきたいと考えています。そして、技術的なことやマネジメントの両面で成長し続けていきたいです。

recommend

クッション

デスクワークが多いので、このクッションを使って腰の負担を軽くしています。手触りが最高なんです。モチモチしていて触っているだけで気持ちがいい。ちなみに自宅用にもう一つ持っています。