profile

入社時期:2012年入社(新卒)

専攻:法学部新聞学科

研究内容:メディアを幅広く研究。広告や雑誌といった業界の方に講師として指導いただける機会が多かったです。

学生時代に熱中していたことを教えてください。

原宿に通うことです(笑)。というのも、出版社のインターンシップで原宿を歩いている人々の写真やインタビューを扱う雑誌の編集のお手伝いをしていたからです。ただ、最初はなかなか写真の撮影許可をもらうことができず、どのように話しかけたら相手に心を開いてもらえるのか悩みました。しかし、あきらめずに様々なアプローチを試していくうちに、気付くと、声を掛けること自体が面白くなっていました。

学生時代に学んだことで
現在の仕事に役立っていることは?

インターンの経験も含め、授業やゼミなどを通して様々な業種の方々に出会う機会が数多くありました。たとえば、実際に仕事をされている方が講師として来てくださったり、仕事現場を見学させていただいたり。現在の仕事では、営業として多くの指定事業者の方々と仕事をさせていただいていますが、学生時代に多種多様な人々の考え方や価値観に触れ、それらを理解しようとする姿勢を身に付けられたことは、今の仕事にも生きていると思います。

入社を決めた理由を教えてください。

就職活動を始めた当初は、合同企業説明会に数多く参加し、ありとあらゆる業界を見ていました。その中で「こんなすごいことをしている会社があるんだ」と驚いた会社がJPRS。インフラ系の仕事に興味を持っていたこともあり、インターネットの基盤を支えるという仕事に惹かれていきました。また、自己分析を進めていくうちに、「他の会社ではできない仕事がしたい」という想いが強くなったことも志望した理由です。インターネットのインフラとして欠かすことができないドメイン名を管理するJPRSは、まさに「見つけた!」と声を出して喜びたくなるほどの会社でしたね。

現在の仕事を教えてください。

JPドメイン名の販売代理店にあたる指定事業者の方々に対しては、新しい商品をご紹介したり、ドメイン名に関するご相談に乗ったりすることが主な業務です。また、こうした営業の現場で得た指定事業者の方からのご要望を社内で共有し、指定事業者とJPRSの良好な関係づくりの橋渡し役を担っています。ちなみに、1人の営業が担当している指定事業者の数は約100社。全国の指定事業者を営業部の社員ごとにエリア分けし担当していますが、常に指定事業者の方々に寄り添い、どんな相談にもお客さまの立場に立って乗ることができる営業を目指しています。

印象に残っている仕事は?

「co.jp」の魅力を、直接インターネットユーザーの方々に伝える経験をしたことです。「co.jp」の訴求案を考えていた際、そもそもどのタイミングでユーザーはドメイン名を登録しているのかを調べました。すると、起業した後に登録しているケースが多いことがわかったため、起業するタイミングで「co.jp」を登録する重要性を伝えようと考え、起業者向けセミナーに参加し、ドメイン名の説明を行う機会をいただいたのです。「『co.jp』とは何なのか」、「企業独自のドメイン名を持つことにはどんなメリットがあるのか」といった内容を改めて自ら勉強し直し、さらにそれをわかりやすく伝える仕事は、私自身にとっても良い勉強になりました。

成長を感じる時は?

私にとってのお客さまである指定事業者の方々に喜んでいただけた時です。日頃からやり取りをする中で情報をこまめに共有し、「ありがとう」の言葉をいただいたり、サービスの改善要望に対応することで感謝されたり。上司からは「指定事業者の方々がいないと『.jp』は成り立たない」と常に言われていますし、そういう意味でも指定事業者の皆さまに喜んでいただけた瞬間は本当に嬉しく、日頃の苦労も忘れてしまいます。

JPRSの好きなところは?

もしJPRSのシステムが止まってしまったら、インターネットユーザーに与える影響は計り知れません。だからこそ、社員は自分たちの仕事に対して責任を持って働いていますし、JPRS設立以来、無事故で運用してきたことにプライドを持っています。こうしたプロフェッショナルな社員が集まっているところが好きですね。また、インターネットが好きな社員が多くいることも魅力のひとつ。私には難しいと感じる技術的な質問をしに行っても、技術系の社員の方々は社内の人間である私に対してもホワイトボードを使って丁寧に説明をしてくれます。本当にインターネットそのものが好きで、それを共有する事が大好きな社員が多いと感じる瞬間ですね。

今後の目標を教えてください。

もっと「.jp」を一般の方々に理解していただき、その魅力を広めていきたいと考えています。そのためには私たちのパートナーである指定事業者の方々の協力が欠かせません。そこで、まず私自身が日頃から様々な業界のセミナーなどに参加し、またもっと幅広いIT知識を身につけ、指定事業者の皆さまに頼られる存在になる必要があります。そして、信頼を得た後は様々な施策を共に考え、今以上に「jp」を世の中に浸透させていきたいですね。

recommend

訪問ノート

指定事業者の方々からのご要望や気付いたことをメモするノート。質問する項目とその回答を分けて書いたり、やらなければいけないことには☆印をつけたりし、帰ってから読み直した時にすぐわかるように工夫しています。